2018.00.00 Sun

00:00

PEOPLE

未来をつくる人

塗装の成否は養生で決まる、入社した頃に教わったことを最近よく実感している。

株式会社 テクノ中央
深川 達也(32歳)

未来をつくる人 2019.08.20

「建設系の仕事って髪型が自由だしなんかいいなあって思って、軽い気持ちで入社した」と明るく大きな声で話す深川さん。6歳年上のいとこが同様の仕事をしていたこともあり、本人曰く「その兄さんへの憧れもあった(笑)」。

入社したテクノ中央は、塗装をはじめ断熱工事、土木など幅広く建設の仕事を手がける会社で、塗装工だけで約30人の社員がいる。「最初の頃は、“手元”と言って先輩社員に道具渡したり塗料持っていったりという、いわばアシスタント業務ですよね。それから壁のパテのやすりがけをひたすら1日やったりとか、けっこうきつかったですね」と入社当時を振り返る深川さん。それでも、同期に10人の若手社員がいたこともあり、仕事はきつくとも、楽しく笑いながら仕事ができた。つらいと感じたことはなく、むしろ早く一人前になろうとの思いが強かったのだという。



また、若手の頃によく言われたのが「養生」の大切さだった。壁に塗装する際、その前段階として、周囲に塗料が飛び散ってもいいように養生を行う。塗装する順序に合わせてマスキングテープを貼ったりもする。これらの養生が悪いと、仕上げがきれいにならないのだ。「ビニールの貼り方も、まっすぐに全て貼るのではなく、部分的に少し斜めに貼って塗料の流れを作ってやるとか、工夫するところがたくさんあるのが養生なんです」。入社当時にそのことを教わったせいか、今、深川さんは真摯に感じている「養生で塗装は決まる」と。

この記事の関連企業

株式会社 テクノ中央

所在地/青森県八戸市新井田字重地下51-12
連絡先/TEL.0178-25-6789 FAX.0178-25-0405
URL/http://www.techno-chuo.jp

この記事をシェア

前の記事

記事一覧

次の記事

関連のおすすめ記事

山形

大きな壁にローラーで塗装する時、気持ちいいんですよ。

未来をつくる人清野 勉2019.06.03

宮城

目に見える技術力。その確かな手ごたえが魅力。

未来をつくる人工藤 皓2019.06.03

青森

大きな鉄骨で柱や梁を組み、繋ぎ、建てる、何より準備が大切。

未来をつくる人邨谷 光夫2019.06.03