2018.00.00 Sun

00:00

PEOPLE

未来をつくる人

自衛隊時代の経験が活きる。かたちを変えて、社会のために。

岡崎建設 株式会社
小笠原 駿(27歳)

未来をつくる人 2019.06.03

バレーボールも、自衛隊も、そして現在の仕事も。「全部、同じです」と小笠原さんは言います。「建設や土木の“職人”というと一匹狼的なイメージを持たれると思いますが、本当に大切なのはチームワーク。大きな仕事だから、大勢が力を合わせて初めて成果が生まれる。学生時代からのライフワークであるバレーボールをクラブチームで続けているのですが、それも仕事をする上で大いに役立っていると思います」。入社のきっかけは、「自衛隊時代に重機を操作していた経験が活かせると思って」。



しかしそれ以上に、人間の営みに欠かせない道路やトンネルをつくる、という社会貢献度の高さに、やりがいを感じているそうです。「この仕事は経験重視に思われがちですが、それがすべてではありません。多少の経験があった私も、最初の一年は道具の準備といった初歩から始めました。道具も工程も、何が必要か、どうして必要かをしっかり知ることができたあの経験が、今になって活きている。要は、やる気。それが、やりがいを生むんです」

この記事の関連企業

岡崎建設 株式会社

所在地/岩手県紫波郡紫波町桜町2-5-10
連絡先/TEL.019-676-5660 FAX.019-676-5611
URL/http://www.okazaki-const.jp

この記事をシェア

前の記事

記事一覧

次の記事

関連のおすすめ記事

宮城

シールド工事のスペシャリストが、国内屈指の排水ポンプ工事に挑む

未来をつくる人赤泊 崇宏2020.08.03

岩手

宮城県職員から転職し、陸前高田の現場にて陣頭指揮をする日々。

未来をつくる人日下 部拓2020.06.29

岩手

デカい荷物を運ぶクレーンに、すげえ! と圧倒された。

未来をつくる人小林 聡志2019.06.03