2018.00.00 Sun

00:00

PEOPLE

未来をつくる人

何もない空間に「部屋」を創る。その創造性が内装の魅力。

みちのく興業 株式会社
相馬 哲(41歳)

未来をつくる人 2019.06.03

専門学校へ入るまでの、ほんのアルバイト。それが本気の仕事になるとは、思ってもみなかったという相馬さん。「自動車整備士の専門学校へ行くために、叔父の会社で内装のアルバイトをしていたんです。でも、何だかそれがおもしろくなっちゃって。結局、そのまま入社を決めました。内装工事の一番の魅力は、何もないところに壁を造り天井を造ると、途端に“部屋”という空間が生まれること。どんな部屋も自由自在。でっかいプラモデルみたいな感覚に近いですかね。今ではもう、半分趣味か、というくらいに楽しいです」。



建築の現場では、内装工事は進行の要。今では、職長代理として現場を取り仕切ることも多いといいます。「スケジュールを先読みし、それぞれの人の性格や仕事の仕方を把握し、資材を効率よく回すこと。そのためには、自分が率先して動かなくてはいけない。山本五十六じゃないけど、やっぱり「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、誉めてやらねば人は動かじ」だと思うんですよね。また、人海戦術が必要な現場では、人が増える分だけ細やかさが必要。段取り、意思疎通、指示系統の確立。現場全体をマネジメントする能力が、問われていると思います。私自身そうでしたが、最初は当然、誰でもうまくはできない。叱られながら褒められながら、その人のいいところが育っていく。自分で自分に限界をつくらない、諦めない人が伸びると思います。それと、出張が多いので、知らない土地や人との出会いを楽しめる人なら、なお向いてますね」

この記事の関連企業

みちのく興業 株式会社

所在地/青森県八戸市大字長苗代字化石26-3
連絡先/TEL.0178-20-8828 FAX.0178-20-8835
URL/http://www.michinok.co.jp

この記事をシェア

前の記事

記事一覧

次の記事

関連のおすすめ記事

宮城

シールド工事のスペシャリストが、国内屈指の排水ポンプ工事に挑む

未来をつくる人赤泊 崇宏2020.08.03

宮城

震災を契機に入社。日々やりがいを感じながら、重いガラスに苦闘の日々。

未来をつくる人澤口 巧2020.07.15

宮城

「建物を建てる」ことの本質にいちばん近い現場が好きです。

未来をつくる人小林 由佳里2019.06.03