2018.00.00 Sun

00:00

PEOPLE

未来をつくる人

大きな鉄骨で柱や梁を組み、繋ぎ、建てる、何より準備が大切。

有限会社 丸由工業
邨谷 光夫(32歳)

未来をつくる人 2019.06.03

入社して10年が過ぎ、咋年現場の「職長」になった邨谷さんは、幼なじみの誘いでこの仕事に就いた。「正直に言えば、入社当時はどんな仕事かもわかっていなかったです(笑)。うちの会社は主に鉄骨を扱う『鉄骨鳶』と言われる仕事なんですが、全然イメージはなかったですね」と朴訥と語る邨谷さん。

鉄骨鳶は、地上で仕事をする「下まわり」と高所で作業することが多い「取付け」とに分かれる。下まわりでは、高い技術が求められる「玉掛け」の作業もあり、現場での多くの経験がものを言う。邨谷さんも、鉄骨鳶として現場を数多く手がけ、大型案件をいくつもこなしてきた。「ひとつの仕事を覚えるたびに、楽しさ、やりがいなども増していきました。ただ経験を重ねていくと鉄骨の怖さもわかってきて・・・今はとにかく慎重に安全に仕事をするよう心がけています」と邨谷さん。休日は好きな音楽を聴きながらドライブをすることが多いという。休みにいい気分転換をすることで、仕事にもより励めるからだ。



「現場ではきつい仕事というのもありますよ。でも、覚えた技術というのは、自分の糧になるし、一生残る。それに私たちが建てた建物はそこに残り、いつでも見ることができる。こうしたことは大きなやりがいになっているし、他の仕事ではなかなか味わえない楽しみですよね」と、目の前の現場に視線を送りながら、邨谷さんは笑顔で話していた。

この記事の関連企業

有限会社 丸由工業

所在地/青森県八戸市下長6-3-14
連絡先/TEL.0178-28-3788 FAX.0178-28-3710

この記事をシェア

前の記事

記事一覧

次の記事

関連のおすすめ記事

秋田

無類の新しいもの好き。今日はどんな仕事に出会えるか、その期待感が自身の醍醐味。

未来をつくる人加藤 雄也2019.09.12

岩手

現場の華、現場の要。見えないものを、見通して。

未来をつくる人吉田 勇平2019.06.03

青森

塗装の成否は養生で決まる、入社した頃に教わったことを最近よく実感している。

未来をつくる人深川 達也2019.08.20