2018.00.00 Sun

00:00

PEOPLE

未来をつくる人

もはや欠かせないインフラ。忙しいほど、仕事に燃える。

空調技工 株式会社
猿田 圭輔(27歳)

未来をつくる人 2019.06.03

現代生活において、エアコンはもはやインフラといっても過言ではないほどに必要不可欠なもの。猿田さんは、その設置のプロフェショナルです。「単に快適に過ごす、というだけでなく、その建物や部屋の用途によっては、大切な商品を守るものだったり、企業そのものの存在意義に関わるものだったりしますから。病院が、その最たるものですよね。不備や故障が人命に関わることもあるものだから、細心の注意を払いつつ、設置しています」。



機械・電気系の学校を経て、この空調設備の仕事に就いた猿田さん。基礎的な知識や技術は有していたものの、やはり現場は違ったといいます。「自分は、何も知らない最初に大きな現場に携わったので、その時に結構苦労したな、と思います。でもそれは例外で、通常はちゃんと指導者が付いて教えてくれるんですけどね。基本的には何人かのチームを組んで現場に入るので、むしろ必要なのはコミュニケーション力でしょうか。エアコンの設置は、あらゆる配線や配管が収まった後の、最後の最後に行うことが多い。だから、時には頭さえ入っていかないような狭いところに手を伸ばして溶接を行ったり、天井を向きっぱなしで何十分という作業に取り組んだりすることもある。そんな過酷な時でも、笑って話をしながら一緒に仕事ができるのが理想です。工期の中でもだいぶ後半ですから、絶対に遅れられない局面でもある。自分は忙しければ忙しいほどやる気が出るタイプなので、同じタイプの人と仕事がしたいですね」

この記事の関連企業

高砂熱学工業 株式会社 東北支店

所在地/宮城県仙台市青葉区一番町2-4-1 興和ビル 5F
連絡先/TEL.022-227-9552 FAX.022-266-0414
URL/https://www.tte-net.com
所属会社/空調技工 株式会社

この記事をシェア

前の記事

記事一覧

次の記事

関連のおすすめ記事

秋田

配管の仕事に就いて初めて知った、建物を水が流れる大切さ。

未来をつくる人畠山 塁2019.06.03

宮城

「建物を建てる」ことの本質にいちばん近い現場が好きです。

未来をつくる人小林 由佳里2019.06.03

宮城

ごく自然に、父の後を追いかけて。現場の仲間たちと、上達を目指す日々。

未来をつくる人菊池 紀嗣2019.06.03